若返り ネイル 求人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母よりも母だったかもしれない

うちの母は3姉妹。
母と二人の姉はとても仲良し。

血の繋がりを疑うほど性格は違うけど
顔は三人ともよく似ています。
目を見張るほどの美人姉妹。(○十年前の写真より)

母たちが仲良しなので、同じ年頃の従姉妹がたくさんいて
夏休みは従姉妹とずっと一緒に過ごしたし、まるで大家族。
母が三人いるように、それぞれ我が子のように愛してもらいました。







3姉妹の長女である叔母が先日、天国へと旅立ちました。
規則正しく慎ましやかな生活を送り、健康に気遣い、
病気ひとつしなかった叔母。倒れたと聞いたのは数週間前。
誰もが信じられない出来事でした。今も少し夢のようです。


意識のない叔母に、声の限り呼びかけました。
家族の切なる声が届いたからかもしれません。
あなたを失っては生きていけないと悲しみにくれる叔父。
彼の傍でもっと生きたいと願ったからかもしれません。
お医者さんが驚かれたぐらい、叔母は最期まで闘いました。
短かい期間だったけど、とても長かったように思います。
本当にしんどかったでしょう。それでも居てくれてありがとう。


大好きな叔母を静かにゆっくりと見送ってきました。
カウンセリング時間を変更して下さったお客様、
セミナーお休みさせて頂いているにも関わらず、
楽しみに待ってくださっている皆様、ありがとうございます。


生や死について考えたり、話したりする機会は
カウンセラーという仕事柄、普通より多いかもしれません。
それでも何度も何度も、学びが訪れます。
「今を生きる」ことがなぜ大切なのか。
またひとつ、大きく成長させてもらったように思います。


天音はめちゃくちゃ元気なんですが^^*
珍しく気持ちの切り替えにタイムラグ発生中でして(笑)
こんなときはひたってしまえと、泣いたりしてました。
感動CMでも、号泣する女ですから心配しないでください(笑)


叔母のお話をこうしてお伝えすることを供養にし、
伝えきれなかったメッセージとし、
天国への旅路を少しでも照らせたら良いなと願う、
天音のラブレター。



幼稚園か、一年生か、それぐらいの時のお話。
近所のみんなで、生まれたての小さな子猫を保護した。
里親が見つかるまでの約束で、隣のおうちの玄関で。
哺乳瓶でミルクをあげて、みんなで大事に育てた。
私の家では飼えなくて、もらってくれる人も見つからなくて。

数日後、誰だったか大人が言った。
「もうすぐ保健所に連絡しないとね」
とっさに私は「欲しいって言ってる友だちがいるの」


・・・嘘をつきました。


子猫がもらわれていくことに決まった日。
保健所に連絡することになっていた日。
もらってくれる友達を自転車で迎えに行く私。
送り出してくれる笑顔のみんなと、小さな子猫。
もらってくれる友達なんて、最初からいない。


家から歩いて10分の、従姉妹の家に隠れていました。


結局、従姉妹のおばちゃんに話すことになり、
わあわあ大泣きしながら、家に帰ることになる。
私の犯行が、役に立ったかどうかは分からないけど、
玄関で猫を保護してくれていたおうちの人が
飼ってくれることになったんだった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


小学校の時に通うことになった、公民館でやってる鼓笛隊。
ピアノを習っていたので、周りの子たちよりも鍵盤が得意。
得意だったからか、私が生意気だったからか(←多分後者、笑
高学年の子に、仲間外れにされ、虐められ、楽しくなくなった。


鼓笛隊に入ってることを、うちの母が嬉しそうに誰かに話すのを聞いた。
そんな母に「行きたくないの」とは、どうしても言えなかった。
でも辛かった。しばらく我慢して通ったけど、ある日行けなくなった。


そして家から歩いて10分、従姉妹の家に隠れる私。
困ったときの、駆け込み寺(笑


「鼓笛隊おやすみになったの。鼓笛隊なくなったの。」


この犯行は長いことばれずに楽しい時間を過ごした。
今思えば、叔母にはばればれだったんだろうと思う。
それでも叔母は、母に連絡しないでいてくれたんだ。


とうとう母にばれ、もちろんこっぴどく叱られることになる。
そんな様子を見て叔母は、大声で笑いながら母に言った。
「まあ、いいじゃない。だって、行きたくなかったんだもの。」


私を始め、子どもの気持ちを、誰より感じてくれる叔母だった。
とても厳しい人だったけれど、優しくてよく笑う、凛とした人だった。
何十年も教職を務め、学ぶことこそ人生だと、謙虚な人だった。
魂の綺麗な人だった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


早すぎたし急だった。
何の準備もなかった。


人の命は、
本当に儚くて、
ほんの少し前まで、
笑っていたはずでも、
形が変わってしまう、こともある。


全ての出逢いは奇跡。


一瞬を大切にすること。
言葉を交わすこと、
手を握ること、
「今」しかできないこと。


終わりに人が悔やむとき
何かしたことを悔やむより
何もしなかったことを悔やむ。
愛を惜しまずに生きれますよう。


あの人の血が流れている自分を誇りに思う。
あの人に恥じない自分でいたいと思う。
また逢えるその日に胸をはって伝えられるように
やると決めたことは、逃げずにやり遂げようと思う。





とりあえず自己満足にて終了。(笑)
支離滅裂な感じでごめんなさい、
何でも良いから叔母のことを残しておきたかったんです。
めっちゃ長かったのに読んでくれてほんとありがとです。




ではまた♪

コメントの投稿

Secret

思い出しました

叔父のことを思い出しました!!

母の弟になるんですが、片親だった僕にとっては
叔父がある意味父親代わり^^

といっても、会えるのはお盆と正月の休みだけでしたが!!

しかし、叔父は自分で旅立つことを決意し、
僕が高校3年の時にお別れしました。

突然の出来事で驚き、受け入れがたかったです。

---------------------

きっと叔母さんはこれからもずっとらんさんを見守って
くれているでしょうね。

ご冥福お祈りいたします。

今度叔父のお墓に行って手を合わせに行ってこよう^^



やばい!!
ウルウルしてしまった…(ToT)

泣きました

パソコンの前で。
「天音のラブレター」を読みながら。

なんか叔母様のお話を読ませていただいて、
あぁ、天音さんとすっごい似てる方だなぁって思いました。

ご冥福をお祈りいたします。

Re: 思い出しました

>たばっち

叔母を見送ってからね、
送られてくるメッセージが厳しいの(汗
きっと叔母からのメッセージに違いないわ(;_; 笑

あうあうなりながらも、がんばる天音です。
いつもありがとう。

たばっちのおじさんもきっと、
いつも見守って下さってる。がんばろーね♪

Re: タイトルなし

>いくえ

黒い羽根の天使ですが何か!(笑

いくえは、感受性強いからなあ^^*

ありがとう。

Re: 泣きました

>わっち

いつもありがとう。

似てるとしたら大声で笑うとこぐらいしか・・・(笑
でもそんな風に言ってもらえてすごく嬉しい。

背筋をぴんと伸ばして
お天道様に顔向けできる毎日を(笑)過ごすわ^^*

また逢えるの楽しみにしてるね♪
いらっしゃいませ♪
プロフィール

魂の浄化師「天音らん」

管理人:魂の浄化師「天音らん」
ありがとうございます。

かけがえのない瞬間を、大切に懸命に生きることが、世界の平和に繋がるのだと知りました。人は、自分を愛することができた度合いだけ、他者を愛することができます。
私は私を愛しています。私はあなたを愛しています。もしあなたがご自身を愛せないなら、どうか私を愛してください。あなたの一部となって、私はあなたを愛するでしょう。

私という個は、ただの媒体に過ぎません。時と人が織りなす奇跡にいつも魅せられています。

ご縁に感謝します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンクについて
リンクフリーです。

リンクしてくださった方はできるだけ相互リンクさせていただきます。
ご一報くだされば、できるだけ訪問もさせていただきます。

よろしければ、下記バナーをお使いください♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
レインボーメール
7日間メールし放題

セッション予約

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。